愛子さまご欠席、両陛下が「解決に十分配慮を」(産経新聞)

 皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまが「強い不安感」などを訴え、学習院初等科を続けて欠席されていた問題で、宮内庁は11日、野村一成東宮大夫が経緯などを天皇、皇后両陛下に報告したことを明らかにした。両陛下はこの問題に関連する愛子さまと学校、その他の児童について、「いずれかが犠牲になる形で解決がはかられることのないよう、十分に配慮を払うことが必要ではないかと思う」と話されたという。

 宮内庁によると、報告は9日に行われ、野村東宮大夫が愛子さまのご欠席について、これまでの経緯や状況、今後の対応を両陛下に説明した。両陛下は、愛子さまや皇太子ご夫妻に気遣いを示されたという。

 愛子さまは8日以降3日連続で登校し、国語や生活の授業を受けられた。皇太子妃雅子さまも登下校に付き添い、授業を参観された。

 野村東宮大夫は5日の定例会見で、愛子さまが同学年の児童たちから「乱暴」な行為を受けたことが原因で、通学に際して「腹痛や強い不安感」を訴えて学校を休まれていると説明した。

【関連記事】
川端文科相「学習院が対応すること」 愛子さま不登校問題
愛子さまが6日ぶりご登校 雅子さまもご参観
愛子さま登校できず 学習院、露呈された「学級崩壊」
学校に行けない愛子さま 宮内庁 異例の発表
「卒業生として恥ずかしい」陛下のご学友、橋本明氏

夫婦別姓で民主紛糾 性急な法案提出に慎重意見も(産経新聞)
温室ガス総量規制が軸、原発推進明記…基本法案(読売新聞)
東京入港のシー・シェパード元船長を逮捕…海保(読売新聞)
八王子署員が交通事故 2人重軽傷 警視庁(産経新聞)
民主は今年で消滅? 首相、結党時に「時限政党論」(産経新聞)
[PR]
by l8elxnghdh | 2010-03-15 10:25
←menuへ