ベスーン容疑者 過去に船舶事故、死者も(産経新聞)

 ベスーン容疑者は、エンジニアからシー・シェパード(SS)に転身した反捕鯨活動家。捕鯨妨害で日本船と衝突したSS抗議船「アディ・ギル号」の船長を務め、「環境を守る戦士」を自称していたという。

  [フォト]第2昭南丸が接岸 シーシェパード船長逮捕劇

 ニュージーランドの地元紙によると、もともと海底油田を発掘するエンジニアで、北海やリビアなどで暮らしていたこともあったが、家を担保に高速艇「アース・レース号」を建造。2007年に、世界一周のイベントに参加した。

 しかし、漁船との衝突事故で死者が出て、多額の補償金を背負うことになったという。昨年からSSに参加し、高速艇も「アディ・ギル号」と名前を変えた。

 妻と十代の2人の娘もおり、妻は同紙に「自分を『環境を守る戦士』に例えている。彼の目的はメディアの関心を得ること」と語った。捕鯨船団関係者によると、歯ブラシなど宿泊道具も携帯して日本船に侵入してきたが、船内では大げさに反捕鯨は訴えず、肉や魚など日本人船員と同じ食事をとっていた。

【関連記事】
再発防止に疑問符、不安消えぬ捕鯨関係者 シー・シェパード逮捕
「気掛かり」と家族 SS、豪政府などに支援求める
ベスーン船長、容疑説明にうなずく シー・シェパード逮捕
シーシェパード逮捕「被害者を逮捕した」とSS代表が非難
「環境テロを許すな」SS到着の晴海埠頭は騒然
20年後、日本はありますか?

<千葉大生殺害>竪山容疑者を強殺罪で追起訴(毎日新聞)
【二〇三〇年】第5部 日本はありますか(5)アメリカが変えた日本(産経新聞)
高齢患者骨折「一晩で2人とも」元看護師が供述(読売新聞)
自殺報道、総務省が民放テレビに質問メール(読売新聞)
鳩山首相 COP15「成功に終わったとは言えない」(毎日新聞)
[PR]
by l8elxnghdh | 2010-03-18 21:02
←menuへ